【0歳からのおうち知育教材】3つの選び方ポイント!

おうち学習

0歳からの知育にはどれを選べば良い??

0歳のまだ小さな赤ちゃん、その知育教材にどのようなものを取り入れたら良いか悩みますよね。

もし、あなたが賢い子にしたい!頭のいい子に育てたい!と思っているなら、是非参考にしてください!

この記事でわかること

☆おうち知育教材の選び方
☆具体的なおうち教材
☆おうち知育の体験談

 

きき
きき

私は、いま3人の子育てをしています。

早くから知育していることで、脳が育つ!や賢くなる!といわれています。

私もはじめての子育てから、賢い子になるために0歳からの睡眠やおうち知育がんばってきました!

最近は、以前よりも赤ちゃんのころから知育しているママも増えてきましたね!

共働き家庭の多い子育て世代では、0歳からおうち知育を始めているところも多くなりました!

育休中だからこそ、子どもとゆっくり関われる時間が取れるということが大きく影響しているようです。

きき
きき

私も手は突き出た脳と教えてもらいました!

ですが、0歳といえば成長過程によっては、まだまだ言葉も話せないし、お座りもできない子も。

おうちで知育はじめるのには、どんなおうち知育教材からはじめれば良いのか悩みますよね!

私は、子ども3人の子育て中ですが、3人とも赤ちゃんのときの過ごし方は兄弟もいるいないとで少し異なりました。

ですが、その3人それぞれの子育ての中で共通していたのが、手先をつかうことでした!

手先をつかうことで脳にいい刺激を与えることができます。

また、指先が器用になり3歳ころには自分でボタンを留めたりハサミをつかうこともスムーズにできるようになりました

そして言語習得も早く、イヤイヤ期にはある程度の言葉が話せて意思疎通ができていました。

これはとても助かりました!

イヤイヤ期のイヤイヤの理由がわかるのって、かなりのストレス軽減になりますよね。

きき
きき

子どもにとっても理解してもらえるって大事

そんな近い将来にも役立つ!

【0歳からの知育教材】3つの選び方ポイント

をお伝えしたいと思います!



【0歳からの知育教材】3つの選び方ポイント

はじめての子育てで

おうち知育教材を探している方もいると思います。

0歳のおうち知育教材の選び方のポイントは3つあります!

五感を刺激する

成長にあわせたもの

0歳でも危なくないもの

五感を刺激する

五感は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚です。

赤ちゃんの聴覚はお腹にいるころからあると聞いたことがあると思います。

お腹にいるころ赤ちゃんに話かてたりした方も多いですよね。

きき
きき

私もよく話しかけていました!

聴覚のほかにも視覚なども徐々に脳と一緒に成長しています。

手は突き出た脳といわれるように、

触覚も脳に刺激をあたえる大事な五感のひとつといえます。

視覚はママが絵本やおもちゃを見せることで、味覚や嗅覚は離乳食などからも感じることができます。

五感それぞれを感じることで

より脳が刺激され良い発達へとつながります!

成長にあわせたもの

赤ちゃんが生まれてから

0歳から1歳までの間、

本当にいろいろ成長しますよね!

寝がえりできるようになたり、

お座りができるようになったり、

離乳食をはじめればモグモグが上手になったり。

本当にたくさんのことができるようになります。

その成長にあわせてチャレンジできたり、

できた!という達成感を体感できると

脳にもグングン刺激が伝わります!

だからこそ、成長にあわせたものを使うと

効果的といえます。

0歳でも危なくないもの

これは成長にあわせたものと重なる部分ですが、

やはり0歳でも危なくないものかはかなり重要です

赤ちゃんはわからず、つい口にしてしまうこともあります。

なめても大丈夫か、飲み込んでしまわない大きさか

など、親の私たちが気をつけなければなりません。

おうち知育教材を選ぶ大事なポイントです。

0歳からの知育が効果的な理由

赤ちゃんは、お腹にいるころから成長を続けています。

ママならお腹にいるころからの成長、

体で感じてきましたよね。

あんなに小さい赤ちゃんが生まれるころには、

片腕で抱えれれるくらい大きく成長しています。

その間に脳はグングン成長しています。

それは、生まれてからもずっと成長を続けています。

実は、この成長は3歳までがピークと言われています。

3歳までって短くない?!

って驚くかもしれません。

ですが、3歳までには脳の約8割は完成しているとか。

特に、生まれてから0歳から1歳までの

脳の発達はめざましいと言われています。

確かに1歳までにできるようになることってたくさんありますよね!

そんな脳が急速に育つ時期だからこそ、

おうち知育で脳を刺激してあげることで

より効果的な成長がみれるのです!

具体的なおうち知育教材

おうち知育教材では、

具体的にどのようなものがあるのか気になりますよね。

おうち知育教材では、

主にこちらの6つとなります。

絵本の読み聞かせ
音楽の聴き流し
DVD
知育おもちゃ
生活習慣をとおした用具
通信教材

おうち知育体験談

私は、手先をつかうことにフェイスタオルを使っていました。
フェイスタオルで顔をかくして
いあいいないばあ
をしたり、
横になっている赤ちゃんに
上から垂らしてタオルを
つかませようとする遊びをしていました。
また、絵本の読み聞かせは言語習得にもつながります。
1日一回でも読んであげることをおすすめします!

まとめ

0歳のおうち知育教材の選び方3つのポイント

をお伝えしました!

五感を刺激する

成長にあわせたもの

0歳でも危なくないもの

また、通信教材は
これから、おうち知育をしていくうえで
子どもの年齢にはどのような内容がおすすめなのか
の判断基準にもなります。
無料お試しで教材をもらえるところが多いので
そちらを参考にするのも良いですよ!

是非、参考にしてみてくださいね!

 



タイトルとURLをコピーしました